2006年05月04日

繁盛店の作り方 低価格帯のファミレス

今日は、朝、子供とサッカーをし、その後息子が勉強している間に
仕事を方付けました。

ムシキングとテキたま?(たまごっちのゲーム)をやりたいと言うので
家内と3人で近くのショッピングモールへ出かけてきました。

途中で小腹がへったので、息子のリクエストで
低価格帯で勝負しているイタリアンレストランの
ファミレスに出かけました。

GWと言うこともあって結構な混み方です。
「低価格」で勝負しているのも
混雑を呼んでいるのでしょう。

さて、席につき、ドリンクバーを注文しましたが
アイスコーヒーが冷たくありません。
混み方が予想外なのかシステムがないのか
システムが守られていないのか
プレクール(事前に冷やしておく)が出来ていません。
氷を入れてかき混ぜてもなかなか冷たくなりません。

従業員の方たちは必死の様で、いつもの丁寧さがありません。


飲食関係の欠点が、この「混んでるときの応対」です。

混んでいるときこそムードメーカーとなる人を置き
元気な挨拶と明るい丁寧な接客がなければなりません。


こんなレベルなんだな。
と、少々残念な気持ちになりました。

家内とデキャンタの白ワインを飲み
それぞれの注文を食べたのですが
子供用に小さなフォークをお願いしたところ
無言で差し出されました。

これはもう、許容値を超える最低のサービスです。


何だか不愉快でさっさと食べて、店を後にしました。

個人的には二度と行きたくないのですが
またいつか、息子にせがまれて行くことになるでしょう。

安さ=付加価値の低さ。では決してありません。
安さで勝負するからこそ、付加価値を高めなければ
ならないと私は思います。



店長の影響力、スーパバイザーの店舗観察が
足りないのか、それでいいという企業姿勢なのかは
分かりませんが、尊敬する渥美先生のペガサスサークルの
一員のチェーンにしては、寂しい気がします。


もう一度「低価格」だけで勝負するのではなく
「商売」の基本に立ち戻って欲しい。


QWです。気分の良い毎日を過ごしたいものです。
明日は息子を説得して、いつものすし屋に行こう。

そう思って店を後にしました。


◆今日のポイント
 ・プレクール(事前に冷やしておく)が出来ていないので
  アイスコーヒーが氷を入れてかき混ぜても
  なかなか冷たくならない
 ・従業員の方たちは必死の様で、いつもの丁寧さがない
 ・飲食関係の欠点が、この「混んでるときの応対」である
 ・混んでいるときこそ、ペースメーカーとなる人を置き
  元気な挨拶と明るい丁寧な接客がなければならない
 ・安さ=付加価値の低さ。では決してない
  安さで勝負するからこそ、付加価値を高めなければ
  ならない




◇WEBサイトを立ち上げました。

 http://b-cmn.com 是非、一度お立ち寄りください。


FC加盟店、複数店舗などでSVなどの指導にご不満の方、
ぜひ当社をお試しください。
FC店舗、複数店舗の店舗運営の改善には
特に自信と実績があります。
HPをご覧になって何でも結構ですので、お気軽にご相談ください。



人気blogランキングへランキング投票よろしくお願い致します。




<%content_footer-%>





posted by 吉井 健一 at 02:58| 繁盛店の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。