2006年03月09日

繁盛店の作り方 無口になる焼肉

地元に、家族で時々出かける焼肉屋があります。
家内も息子も焼肉は好きなので、外食の希望を募ると
この焼肉屋になることがほとんどです。

5割は30分待ち、2割は1時間待ちと言う位の繁盛店なので
出かける前は、一応電話してその日の混み具合を確認してから
出かける様にしています。


入り口を入ると、ホワイトボードにその日のお勧めの肉、産地が
書かれて掲出されています。
私の一番好きなのは、米沢産リブロースなんですが
食べれる確立は5割くらいです。
すぐになくなってしまうのだそうです。


このリブロースは、ステーキです。それを焼きます。
口に入ると溶け出すほどの柔らかさで何とも言えない美味しさです。

そのほかの肉も同じ様に柔らかく、ジューシーで
切り方は、厚めに切ってあります。
この肉が口の中に入るとそれはもう、幸せな気分です。

私の知っている限りでは、ここともう一つ、都内のお店が
焼肉では一番美味しいお店だと思います。


イカフェ、センマイ、チンジャ、キムチも美味しく
テーブルは運ばれてくる料理でいっぱいになります。

無縁ロースターなので、匂いもつきにくく
初めて連れて行ってから、義母もすっかりファンになっています。


従業員の方たちは、体育会出身の様なキビキビした応対を
男性も女性もしてくれます。

そして、店長のお客様への気配りと従業員への指示が
見ていてとても気持ち良く、繁盛店になるはずだと思わせます。

内装は時間が経っていますが、トイレまでしっかりと清掃され
古さを感じさせない気持ち良さがあります。

私はここでも、ボトルでロックの韓国焼酎を飲んでいます。(笑)
2/3位飲んだ後に、つまみにしていたチンジャとは別に
チンジャ茶漬けで締めると、気分は最高です。

それぞれに、その日のお腹具合で、ご飯物で締めると
サービスにアイスが出てきます。バニラと抹茶から選べます。

アイスを食べると、また、さっぱりして良い感じです。


このお店はほとんど家族連れで、みんな楽しそうに食事をしています。
美味しいお肉に、気持ちの良いサービス、こぎれいな内装。
楽しくない訳がありません。
中でも肉の品質と料理の美味しさが及ぼす影響は大きいです。

いつ行っても、繁盛しているお店。
ウエイトなしで座れるのは3割の確率なのに、
皆、並んで待ってまで、ここで食べたいのです。

そこまでお客様にさせる、繁盛店の要素が
このお店にはあります。

ただ一つ、このお店に問題があるとすれば、それは
あまりの肉と料理の美味しさに、家族皆一様に、蟹を食べる様に
無口になって、肉を食べ続けてしまうことです。(笑)

◆今日のポイント
 ・ホワイトボードにその日のお勧めの肉、産地が書かれている
 ・従業員の方たちは、体育会出身の様なキビキビした応対をしてくれる
 ・店長のお客様への気配りと従業員への指示が見ていてとても気持ち良い
 ・内装は時間が経っているが、トイレまでしっかりと清掃され
  古さを感じさせない気持ち良さがある
 ・ほとんどの家族連れが楽しそうに食事をしている
  美味しいお肉に、気持ちの良いサービス、こぎれいな内装、
  楽しくない訳がない


◇まだ製作途中ですがWEBサイトを立ち上げました。

 http://b-cmn.com 是非、一度お立ち寄りください。


◆兄弟サイト 儲かるアフィリエイト http://readygo.seesaa.net/ も一度
 ご訪問ください。


人気blogランキングへランキングが下降中です。
どうかランキング投票をよろしくお願い致します。






<%content_footer-%>

FXで資産を10倍にしたいならこちら!


・自己責任の時代。資産運用も積極的に。
posted by 吉井 健一 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 繁盛店の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。