2006年03月02日

繁盛店の作り方  損して得とれ

近頃出来たお店なんですが、昼はランチ、夜はバーで営業しています。
初めて入った時から、男性だけではなく、女性をターゲットにしているお店だと
感じました。

内装や外装は取り立てて特色はなく、今頃のはやりの演出です。
女性をターゲットにしていると感じたのは、メニュー構成からでした。

写真入で説明もあり、分かりやすいメニューです。
ランチセットが780円から880円で、プラス200円で手作りのケーキや
パンナコッタがデザートで選べます。
デザートが手作りケーキというのが女性客に人気のようです。
ケーキのボリュームもランチケーキではなく、普通の大きさです。

男性もデザートのケーキをグループみんなで食べていたりします。(笑)

もう一つ面白いのは、ランチセットが街の洋食屋さんのようなメニューで
なんというか、内装とイメージが違って落ち着けるのです。
ハンバーグだったり、生姜焼きだったり。
夜はバーになるお店とは思えません。
ご飯は山盛りでお変わり自由。女性でも結構残さず食べています。

デザートを入れて約1,000円ですから女性客は週に2回程度の来店でしょうか。
ご飯お変わり自由のボリュームで、男性のグループが目立ちますが
それでも、4;6の男女比ですから女性が多いと思います。

夜にも行って見ましたが、昼に見たことのあるお客様が何人かいらっしゃいました。

ランチはドリンクバーにサラダ、スープ、メイン、山盛りご飯。
手作りデザートも用意してあります。
店内には古い洋画が、大きなスクリーンに映されています。
いつ行っても繁盛店です。

夜のバーに期待して来店する、昼のお客様が多いのも頷けます。


大体のお店が最初はこのお店と同じように、ボリュームや価格で
他店との差別化に取り組んで新規出店するのですが
2、3ヶ月たつと、ボリュームが落ちたり、料理の内容が変わったり
セットの内容が変わったり、悪いほうにと変わってゆくのですが
このお店はもう、3ヶ月位経ちますが、開店当初のランチメニューを
守って、繁盛しています。

昼の繁盛が夜のお客様を呼びます。
夜はアルコールが出ますので、原価が下がり、利益率があがります。

損して得とれ。
つぶれてしまっては、元も子もありませんが、商売の基本です。
お客様は、お店の方が考えている以上に、敏感です。
サービスレベルの低下、メニューの変化、質の低下にすぐ反応します。

一度はじめたら、安易に目先の利益だけに走り、サービスや料理の質に
反映させるのではなく、今のままで、利益を出す方法を考えることが重要です。
じきに右下がりの売り上げになり、さらに質が低下する悪循環に陥ります。

お客様は神様です。と言っていた歌手の方がいましたが
商売の上でこれは真実であるとともに、決して忘れてはいけない事です。

質の低下をさせずに集客力を強め、リピーターを増やす店舗努力を
実施しましょう。


私の経験では、デザートのケーキがコーヒーゼリーに変わったら要注意です。(笑)

◆今日のポイント
 ・写真入で説明もあり、分かりやすいメニューにする
 ・お客様は、お店の方が考えている以上に、敏感でサービスレベルの低下、
  メニューの変化、質の低下にすぐ反応なさる
 ・一度はじめたら、安易に目先の利益だけに走り、サービスや料理の質を
  落とすのではなく、今のままで、利益を出す方法を考えることが重要である
 ・質の低下をさせずに集客力を強め、リピーターを増やす店舗努力を実施する


◇まだ製作途中ですがWEBサイトを立ち上げました。

 http://b-cmn.com 是非、一度お立ち寄りください。


人気blogランキングへランキング投票よろしくお願い致します。




<%content_footer-%>


IPOで確実に資産を作る。

今までのやり方は間違っていた!




◆私も早速申し込みます。下記のアドレスの内容も是非ご覧下さい!
 http://www.kaigaitoushi.jp





<%content_footer-%>

【小金持ちのためのIPO】小金持ちが着実に 年100万円〜500万円をゲットする方法
posted by 吉井 健一 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 繁盛店の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。