2006年02月17日

学習デスクと親孝行のこと

昨日、家に帰ると玄関に大きな荷物がいくつもありました。
息子が降りてきて、なんだママじゃないのかと残念そうに言いました。
その瞬間に、納品待ちだった子供の学習机が来たのだなと分かりました。

我が家では、老眼の私の変わりに、紙製のおもちゃやプラモデルを
奥さんが組み立ててきました。だからでしょう。机もママが作ってくれると
思ったに違いありません。少し寂しいですが、自分がまいた種です。

これなら、パパでも作れるからと言うと嬉しそうにまとわりつきます。
ただ、重たくて子供部屋のある3階までは、さすがに一人では運べないので
奥さんの帰りを待っていました。
折り悪く、奥さんは残業で9時頃の帰宅になりました。
それから二人で急いで食事をして、組み立てです。

暑くなったら使ってと、自分のハンカチと団扇を持ってきたり
ドライバーやはさみを持ってきたりと、息子は楽しみで仕方が無いようです。

結構、組み立てるのが大変で、昨日はキャビネットと椅子だけで
勘弁してもらいました。(笑)

オレの椅子だぁーと嬉しそうに何度も腰掛けてはクルクル回ります。
レではなくオにイントネーションがくる、オレ。なんですが、
クレヨンしんちゃんのオラがオレになってるらしいのです。

そういえば、自分の時も嬉しかったと奥さんに言われ
わが身を思い起こしてみれば、家庭的ではなかった父に机を
組み立てて貰った記憶はありません。

それに最初の机は、いとこのおさがりだったなぁと思い出しました。
それでも3年生の時に引き出し式のスチールデスクを母に買って貰った
時はとてもうれしかったことを思い出しました。


家庭的でなかった父の変わりに、自転車の乗り方を教えてくれ、
キャッチボールを一緒にしてくれた母。
何の親孝行も出来ずにいますが
今日は昼間に電話をして見ました。

親孝行できなくてごめんと言うと、
こうして電話してくれるのが一番の親孝行よ。
と、昔のように優しく言ってくれました。


いつかは同居が出来る様にと3階建ての家を買ったのですが
まだまだ大丈夫と、ねこ3匹と父と暮らしています。
時々小遣いを送る位しか出来ないのですが、寿命が10年延びると言う
ハワイに一度連れて行ってやりたいというのが、私のしたい親孝行です。

夢は具体的に。イメージ化することで達成できると言います。

必ずや近くに。

人気blogランキングへランキング投票よろしくお願い致します。




<%content_footer-%>
・我が家は毎年奥さんが確定申告をしてくれます。(笑)
 耳寄りな情報です。詳しくは小さな画像をクリックして下さい。



※よ〜くお考え下さい!確定申告は工夫次第で納めすぎた税金を返してもらえる唯一のチャンスなのです。 年末調整が終わった方でも、もちろん出来ます。 その方たちにこそ、もう一度節税面を見直していただきたいのです。 そして、それは誰にでも出来るのです! 確定申告をするのは本当に難しく有りません! 難しいと思ってしまうのは、自信のない記入になってしまうからです。 これからご説明する方法で、あなたも気軽に自信を持って確定申告を受けて下さい。 そして、是非とも納めすぎているあなたの税金を返してもらいましょう! これは、当然の権利です!そして、この結果、住民税や健康保険料まで安くなるのです!


posted by 吉井 健一 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。