2006年02月09日

繁盛店の作り方 常連ばかりの店

昨日は義母の誕生日でしたので、家族で、前に触れた寿司屋に行ってきました。
電話で予約を前もってしておかないと、入れない事がほとんどなので
昨日も、電話で、腰の悪い義母の為に、カウンターを予約して出かけました。

予約時間より5分ほど遅れて到着すると、ちょうどカウンターが
4席空いたところで、昨日も何とか座ることが出来ました。

寿司屋チェーンに属している店ですが、看板はそのチェーンのものではなく
チェーンの店だと知っているのは、かなりの常連さんたちです。

何時も繁盛していて、昨日も電話予約を1件、予約無しで来店した
お客様を1組、おことわりする結果になっていました。
それでも、いつ行っても、カウンターも座敷も一杯です。
昨日は義母の誕生日だと知ると、お気に入りメニューが2つも
大盛で出てきましたし、義母と子供には新しく開発したと言う
アロエとゴマのアイスクリームが、最後にサービスで出てきました。

料理を注文するときに、私は一度に全部注文するのが癖なのですが(笑)
最初に出てきたのは、息子のさび抜きのマグロ4貫でした。
子供から。お客様のことをきちんと考えています。
そして、いつもどおり、バラバラに頼んだメニューを
コースに直して出してくれました。

以前、息子の七五三の時に予約を入れました。
予約を入れた後に、同じ日にチェーン店の行事が入ったのですが
私達に日にちの変更は頼まず、お店の従業員の方が
半分行事を抜け出し、貸切で応対してくれました。

普通出来ることではありません。お客様を第一に考えて営業しています。
これは、いままで感動したサービスの中でも忘れられないサービスです。


私の父などは、寿司屋を貸しきったと思ったらしく
「おまえ、いくらかかったんだ。少し出すか?」と私の財布の心配を。(笑)

ネタは良いものを安く提供してくれます。
個人的には、この季節、アイナメやカジキが食べたい所ですが
無くても我慢できる、他のネタの美味しさがあります。
とりわけ私が好きなのは、中トロと鯖、こはだです。
中トロはいつもとても良い物が入っていますし、
鯖とこはだは、実に丁寧な仕事で、必ず口にします。
昨日もいつも通り、こはだを4貫食べて帰りました。(笑)

安くてネタの良い寿司屋は沢山あります。
立地は駅から歩いて10分位。でもいつもほぼ満席と言う繁盛店です。

葉書や手紙が来る様な販促はしていませんが
お客様を名前で呼びます。
名前や仕事をお店側から聞いてくることはないし
趣味も聞いてきたりはしません。

私は、常連の、今は中国駐在の義父に連れて行かれたので
最初から名前を覚えていただきましたが、
観察していても、お客様に名前を聞く場面を目撃したことは
ないので、ボトルをキープした時や、予約の電話で覚えるのでしょう。

寿司屋で名前で呼ばれると、私の様な庶民は何だか気分良く感じます。
常連さんにして頂いているような気がします。
繁盛の秘密は、その辺にもあるのかも知れません。

このお店の繁盛のパターンを見ると、最初に来店したお客様が
このお店のファンになる。何度も来店して常連になる。
自分の友人知人を連れてくる。その人達がこのお店のファンになる。
常連になる。自分の友人知人を連れてくる。
というサイクルで繁盛しているようです。

笑顔、元気のよさ、清潔感。寿司屋に限らず飲食店や小売店でも
必要最低条件ですが、出来ていないお店が実に多く感じます。

このお店は、そこのところが全従業員に徹底されています。
店長は私より10歳は年下ですが、さすがチェーンで
違う看板を任されるだけのことはあるな、
と、行くたびに、感心させられる繁盛ぶりです。

先日、創業80有余年と言う寿司屋に入りました。
店舗数も40店舗ほどの老舗です。
元気と笑顔はありました。お店の清潔感もありました。
技術もそれはたいしたもので、綺麗に握られて出てきました。
足りなかったのは、会話と従業員の方の清潔感でした。
帽子をチョコンと頭にのせ、髪の毛の半分以上が出ていたり
帽子が横向きだったり。
私などはそれだけで、嫌な気持ちになります。

混みそうな時間を狙って、老舗を観察に行ったのですが
お世辞にもお客様の数は多くありませんでした。
店長の自覚か、チェーン店としてのチェック機能が
上手く働いていないのでしょう。

どちらかのお店をおごってやるぞ。と言われたら
創業80有余年のそのお店で常連になるより
いつものお店を私は選びます。

寿司屋にとって、また全ての飲食店、小売店にとって
最も重要不可欠な、ホスピタリティがいつものお店にはあるからです。


◆今日のポイント
 ・名前で呼ばれると、お客様は何だか気分良く感じる
 ・笑顔、元気のよさ、清潔感は寿司屋に限らず必要最低条件である
 ・その必要最低条件が出来ていないお店が実に多い
 ・TPOに応じてお客様を気持ち良くさせる特別なサービスをする
 ・最も重要不可欠なものは、ホスピタリティである


人気blogランキングへランキング投票よろしくお願い致します。




<%content_footer-%>


・また食べすぎ、飲みすぎです。さあダイエット!
posted by 吉井 健一 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 繁盛店の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

繁盛店の作り方
Excerpt: 最近開設したBlogなんですが、 開設時から、更新されるたびに毎回読んでいます。
Weblog: な、ぶろぐ。ところでちょっとやってみよう
Tracked: 2006-02-11 09:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。